日本の製品は海外から人気

>

どこに服が輸出されるのか

服を譲る意識を持とう

服を業者に引き取ってもらうことで、発展途上国に輸出されます。
服を求めている人に無料で配布されるので、ボランティア活動にも貢献できるでしょう。
ゴミも増えず、メリットが大きいです。
着ない服があれば、すぐ業者に連絡してください。
大人用の服でも、子供用の服でも問題ありません。

性別や年齢に関係なく、どのような服でも引き取っている業者が多いです。
また服の他に、靴も引き取っています。
発展途上国には、靴を買うお金がないのでいつも裸足で生活を送っている人が見られます。
しかし裸足で道を歩くと、ケガをしてしまう恐れがあります。
そのような人たちがきちんと靴を履いて、安全に道を歩けるように靴も引き取ってもらいましょう。

回収ボックスを利用する

着なくなった服を発展途上国に譲りたいけれど、業者にわざわざ連絡するのは面倒に感じる人がいると思います。
そんな人は、街中にある回収ボックスを利用してください。
回収ボックスに服や靴を入れることで、定期的に発展途上国に輸出してくれます。
業者に連絡しなくて良いので、非常に手軽な方法です。
駅やお店の中など、たくさんの人が頻繁に利用する施設に設置されています。

普段から会社に行くために、駅を利用している人がいるでしょう。
よく見ると回収ボックスがあるかもしれないので、通勤途中に服を入れてください。
面倒な手間も省けますし、発展途上国の困っている人も助けられるので良い方法です。
さっそく、服を処分したい時に利用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る